メルシャン「シードル」目標倍増 低アルと飲みやすさに評価

メルシャンが3月5日に発売したスパークリングワイン「おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル」が、発売から約3か月間で年間販売目標の4万箱(500㎖×12本/箱)を突破した。これを受けて目標を当初予定の2倍となる8万箱に上方修正した。

最近のワイン市場は、新規ユーザーの伸び悩みが課題とされている。同社では間口拡大を狙い、国内製造ワイン市場の販売金額構成比が約4割と最大の「無添加・有機カテゴリー」から投入。女性を中心にワインのエントリーユーザーから好評を得ているという。

りんご果汁を100%使用した果実感や飲みやすいスパークリングワインであることが受け入れられているとみている。また、りんごの自然な甘さとさわやかな酸味が幅広い料理のおいしさを引き出しやすく、日常の料理に合わせやすいとの声もある。

ALC5%と一般的なワインよりアルコール度数が低く、500㎖でスクリューキャップであることから気軽に手に取れるといい、また酸化しやすいりんご果汁を独自の製法で酸化防止剤無添加にできたことも好調要因とみている。