ご近所さんと顔見知りに 「隣人祭り」渋谷区で 孤立対策に食品・流通が協力

「ご近所さんと顔見知りになる」を目的に渋谷区と食品・流通・外食などの企業が協働し、渋谷区の事業「渋谷おとなりサンデー」が今年も開催されている。

同事業は、キックオフイベントを毎年6月の第1日曜日に開催し、6月末日までの約1か月を開催期間に定めている。渋谷区民以外にも、渋谷で働く人や渋谷で学ぶ人たちが地域交流・地域活動の場を自ら企画するところが肝となっている。

1999年、フランス・パリのあるアパートで起きた高齢者の孤独死をきっかけに立ち上がった隣人祭りから着想を得た長谷部健渋谷区長が同事業の旗振り役となった。

企画から開催までのステップは、各人がまずどんなことをやってみたいかを考え、それを近所の人に提案する。次に、近所の人とアイデアを出し合い、企画内容を特設サイトに投稿して告知・開催、という運びになる。

初台でブースの呼び込みに地元の人に話かける味の素AGF社の社員(渋谷おとなりサンデー)
初台でブースの呼び込みに地元の人に話かける味の素AGF社の社員(渋谷おとなりサンデー)

これまでに、持ち寄りご飯、お茶会、ガレージセール、ダンス、あおぞらピンポンなどさまざまな交流の場が立ち上がり、その数は第1回目の17年が39、2回目の18年が100近くに上る。今年はまだ開催期間中のため未確定だが、6月12日の時点で99となっている。

今回、流通からはセブン―イレブン・ジャパンが渋谷区内にある加盟店87店舗へ事前にポスターを配布して「渋谷おとなりサンデー」の告知に協力した。

メーカーからは、味の素AGF社が6月2日のキックオフ時に、本社が所在する初台と渋谷キャストの計2か所でブースを出展して来場者に無料でコーヒーを振る舞ったほか、スティックなどをプレゼントした。

伊藤園とサッポロホールディングは飲料を提供。キユーピーは「テイスティドレッシング」900本を提供した。