髙島屋の中元、今年は重点6本柱 1%増目指す

髙島屋は5月10日にオンラインストアで中元商戦を始動、5月末から6月初旬にかけて実店舗でもギフトセンターを立ち上げるなどして令和初のギフト商戦に挑む。

同社が今年4月にロイヤリティマーケティングと共同で実施した調査によると、中元贈答意向を持つ人は約42%、自分用としての購入意向も約40%だった。5日に開かれた商品試食会で中谷八重子ギフト推進担当課長は「儀礼市場は厳しいが、このような部分に活路を見いだし、お中元という日本の文化を残していきたい」と話した。

昨年中元は前年比2.3%増(うち店頭2.3%減、ネット23%増)。歳暮は1.7%増(うち店頭2.7%減、ネット17.9%増)と、全体では前年を上回っている。今夏は1%増を掲げ、特にネットは14.2%増を目指している。

「ヤナギムラのフローズンしろくま」(高島屋 ギフト)
「ヤナギムラのフローズンしろくま」(高島屋 ギフト)

今年のポイントは6点。①気軽に贈れるカジュアル感覚のギフトとして、子供と共に大人も懐かしく楽しめる「チョコバナナ・カットフルーツ串」や、可愛らしいアイス「ヤナギムラのフローズンしろくま」などを揃えた。②新しい七夕の楽しみ方も提案。「ライスバーガー」(髙島屋限定)は牛肉のごぼう煮などをサンド、流れ星をトッピングしている。

③SNS映えにも2年ほど前から取り組む。野球のバット形のバームクーヘン「夢のホームランバット」はほぼ実寸大の約60cm。昨年歳暮から取り組んでいる“孫ギフト”として展開して消費の喚起につなげたい考えだ。

④今年もギフトを通して次世代を応援できる“がんばれ次世代!ギフト”を展開。済美高校の生徒が食の縁結び甲子園全国大会で優秀賞に輝いたもぶり鮓のレシピを元にした「松山もぶり鮓」などを揃えた。

また⑤健康志向に応えるヘルシー系ギフトや⑥ギフトの王道を体現するという銘品らも用意した。