若い女性に響く“微糖”PETコーヒー 「ジョージア ジャパン クラフトマン」

コカ・コーラシステムは、好調なペットボトル(PET)コーヒー「ジョージア ジャパンクラフトマン」シリーズで微糖タイプの新商品を投入するなどしてマーケティングを加速させる。

同シリーズは昨年から自販機展開を強化。今年は4月23日に「ブラック」と「カフェラテ」の既存2品をリニューアル発売してから全エリアの自販機を対象に導入を本格化している。

「自販機全体のパーマシン(1台当たりの売上げ)も上がることが分かりロケーションやエリアを問わず全面展開している。自販機の拡販以外に、コンビニさまやスーパーさまも順調に推移している」と日本コカ・コーラの新田祐一郎マーケティング本部コーヒーグループグループマネジャーは説明する。

4月のリニューアルではパッケージをマイナーチェンジし、味覚は粗挽きコーヒー豆の使用比率を若干上げてよりスッキリな味覚に仕立てた。「『ブラック』と『カフェラテ』のユーザーは被らない。はっきりと分かれるところがあるので、その間に微糖の可能性があると考えている」との判断から、6月17日に同シリーズ3つ目となる「微糖」が新発売される。

18日からは女優の広瀬アリスさんを継続起用した「微糖」の専用CMを8月までの約2か月にわたり放映するほか、コンビニでサンプリング企画を実施する。

コンビニサンプリングは「ジョージア」のボトル缶商品を1本購入すると「微糖」が1本をプレゼントされるもので、ボトル缶との買い回りも促進。

「ボトル缶も活性化させたい。当社のボトル缶についてはボトル缶市場で№1でコアなファンがついている」という。

「微糖」の商品名については「微糖という言葉は若い人、特に若い女性ほど“おいしそう”と評価する。そのような消費者の声を拾っていくと、分かりやすいネーミングで伝えていくことで、味覚を想像して手に取ってもらえるのではないかと考えた」。

PETコーヒー市場については「新型容器のPETコーヒー市場はRTDコーヒー(コーヒー飲料)市場の約2割を占め引き続き2ケタ成長していくだろう。ラテタイプがブラックタイプの1.5倍か2倍近くあり、外食カフェでラテを好む20~30代がメーンユーザーとなっている」との見方を示した。

イエナカと呼ばれる家庭内需要にも注力する構え。「イエナカ消費をとっていかないと、RTDコーヒーの市場は頭打ちになると思う。家庭内の需要は大きく、そこにどうRTDコーヒーで入っていけるかを考えていきたい。われわれはコーヒーバッグ、ボトルコーヒー、濃縮を発売しており、引き続き力を入れていく考え」と述べる。