ほやの新メニューで南三陸を支援 エスビー食品

エスビー食品は26日に宮城県南三陸町で開かれた「志津川湾ほやほたてまつり福興市」に協賛。スパイス&ハーブを使った「ほや」の新しいメニューを提案し、特産品の消費促進を図る。「福興市」への参加は今回で6回目。引き続き東日本大震災の復興支援活動に取り組む。

「福興市」では、同社宮城工場のメンバー、全国各地の若手社員を中心に、スパイス&ハーブの伝道師として、その魅力を分かりやすく伝える。特に「香草焼きシーズニング作り」体験などのダイレクトコミュニケーションを通じ、地元の人々にスパイスやハーブの魅力を実感してもらう考えだ。

今回は「菜館スンドゥブチゲの素辛口」を使用した「ほやと豆腐のチゲスープ」の試食提供を実施。「マジックソルトオリジナル」を使ったオリジナルレシピ「ほやの洋風炊き込みごはん」、「SPICE&HERBシーズニング鶏の香草焼き」を使ったオリジナルレシピ「ほやの香草焼き」のレシピ配布を行う。