遺伝情報のマーケットプレイス始動 ジェネシスヘルスケア

遺伝子検査のジェネシスヘルスケアは4月25日、個人の遺伝情報を共有するマーケットプレイス「GenesisGaia(ジェネシスガイア)」のサービスを開始した。同サービスは、研究機関や企業と遺伝情報を提供する個人の利害が一致した場合、遺伝情報を共有できるというもの。

遺伝情報を提供する個人は同社の遺伝子検査キット「GeneLife(ジーンライフ)」ブランドの購入者で、専用のモバイルアプリにより自分の検査結果リポートへのアクセスに加え、個人の遺伝情報の第三者提供の許諾、提供先の選択などが行える。また個人はポイントを受け取ることができ、貯まったポイントは別の検査キットなどと交換。年内には他のポイントプログラムへの振り替えも可能になるという。遺伝情報の提供者は、初年度30万人を想定している。

5千人に先行配布されたアプリ(GeneLife(ジーンライフ))

一方、遺伝情報を利用する側にとっては必要な遺伝情報を効率的に絞り込めるため、研究の効率化や製品開発期間の短縮というメリットも。遺伝情報は遺伝子多型にとどまらず、個人の性別、年齢、居住区域、喫煙・飲酒歴、病歴などの条件から該当者を匿名で検索可能だ。

製薬、CRO(開発業務受託機関)、化粧品、食品関連で利用が進む見通し。オムロンヘルスケアらと協議を進めており、初年度は10社以上との契約を目指す。同社は国内最大の遺伝情報データベースを有する企業。累計遺伝子解析数は71万人を超える。同サービスは設立15周年記念事業として立ち上げられた。

25日に都内で開かれた会見では、日本抗加齢医学会(堀江重郎理事長)のアンチエイジング・ゲノム研究にジェネシスヘルスケアが参画することも発表。アンチエイジング研究における全ゲノム解析プロジェクトは世界初の試みとなる。