一日限りの「乾物大学」 防災食への活用法も伝授 5月に横浜で

「乾物で世界をもっとPEACEに!」を掲げる一般社団法人DRY and PEACEでは、5月18日に一日限りの「乾物大学」を開講する。昨秋に初めて実施し大きな反響があったことから、第2回目の開催が決まった。

乾物に受け継がれる保存食としての知恵を未来に継承し、より豊かな食卓を考え実践するための10人の講師による9つの「ゼミ」と充実の「学食」。料理初心者から乾物を使いこなしたいという上級志望者まで、誰でも楽しく学べる。

ゼミでは、ダイエットのプロが指導する乾物のヘルシーカレー、乾物による時短料理、自家製乾物作りなど盛りだくさんの内容を伝授。DRY and PEACEを主宰するサカイ優佳子さんと田平恵美さんのユニットによる、防災食に乾物を取り入れるための実践的な講座も行われる。

「学食」では乾物を使ったカレーや惣菜、スイーツなどを提供(ランチ要予約)。乾燥花粉やキルギスの蜂蜜、竹の粉などの珍しい食材や料理キット、書籍を販売する「購買部」も併設する。

午前11時~午後5時、横浜市都筑区「みんなのキッチン」で。参加料は1講座につき3千円(2講座目から500円割引)、各ゼミとも定員10人。WEBサイト(https://peraichi.com/landing_pages/view/kanbutsudaigaku2019)から申し込む。