ミルク押しのラテ専門店 家庭内外連動して発信強化 UCC「BEANS&ROASTRERS」

UCCグループは家庭内・家庭外の事業活動を連動させて発売から5年を迎える「BEANS&ROASTERS」ブランドを強化していく。

同ブランドは“ほっこり、おしゃれ。癒しのカフェの味わい。”をコンセプトにカフェで味わえるさまざまなメニューを再現した家庭用製品ブランドで、カラーストライプを配したデザインが特徴となっている。メーンターゲットはミルクメニューになじみのある20~30代。

19日、同ブランド初となる常設のラテ専門店「LATE BEANS&ROASTERS自由が丘本店」(東京都世田谷区)がオープン。

この日、オープンに先立ち、取材に応じたUCC上島珈琲の油谷奈津子マーケティング本部飲料開発部主任はラテ専門店について「ラテなどのミルクメニューユーザーに向けて、あえてミルクを前面に押し出した」と語った。

油谷奈津子主任(UCC上島珈琲)

ラテ専門店は“自分流ラテスタイル体験”をテーマにドリンク・フード・空間・サービスを設計。ドリンクは、ミルクの種類と量、コーヒー豆をカスタマイズで組み合わせて70通り以上のラテが注文できる。

ミルクの種類は計5種類。ホットメニューが「STANDARA MILK3.6」(北海道産、乳脂肪分3.6%以上)、「JERSEY MILK八ヶ岳野辺山高原」(長野県産・ジャージー牛の生乳、乳脂肪分4.2%以上)、「ORGANIC MILK有機牛乳大地牧場」(千葉県産・有機JAS認定「大地牧場」の生乳、乳脂肪分3.5%以上)の3種類、アイスメニューが有機アーモンドミルクと有機豆乳の2種類用意している。

ブランド初のラテ専門店がオープン(LATE BEANS&ROASTERS自由が丘本店)
ブランド初のラテ専門店がオープン(LATE BEANS&ROASTERS自由が丘本店)

ミルクとコーヒーの量は、カフェラテ(ミルク4/5)、フラットホワイト(ミルク3/4)、マキアート(ミルク2/3)から選択できる。コーヒー豆はオーガニックコーヒーの「エチオピアシャキッソ」、エチオピアベースの「B&Rハウスブレンド」、カフェイン97%カットの「デカフェ」の3種類をラインアップした。

提供カップは、カラーストライプのブランドコンセプトを取り入れ6種類のカラーをラインアップ。

カップの色は6種類
カップの色は6種類

専門店のオープンに伴いボトル缶の「UCC BEANS&ROASTERS」(375㎖)は、“ラテ専門店のカフェラテ”の文言や店舗情報を盛り込んでパッケージを刷新。ラテ専門店でミルクメニューの新しい飲み方を提案して家庭用製品の購買に結び付けていくほか、ラテ専門店を拠点にした製品プロモーションも検討していく。

ラテ専門店は3月28日に2店舗目となる「エトモあざみ野店」(神奈川県横浜市)を開業する。

ボトル缶のパッケージを刷新