鹿児島県・伊仙町篇⑩
収穫に向け着実に前進 徳之島コーヒー生産支援プロジェクト3年目へ

芳村さん「夢は会員全員が収穫」
米山さん「生産者会で収量を上げていくことが第一」

徳之島(鹿児島県大島郡)の南端にある伊仙町を拠点に展開している徳之島コーヒー生産支援プロジェクト。17年に発足し6月で3年目に突入する。
徳之島コーヒー生産者会・吉玉誠一代表の吉玉農園をはじめとする既存のコーヒー畑の多くは、昨年9月に襲来した過去最大級の台風(台風24号)で被災。これにより今春の収穫期は多くの収量は望めないものの、生産者会の中には被災を免れた畑がいくつかあり、また被災した畑も味の素AGF社などからの支援を受けて将来に向け着実に歩を進めている。

②「徳之島コーヒー園よしむら」の看板
②「徳之島コーヒー園よしむら」の看板
高台にある芳村建吉さん(70歳)が手がける「徳之島コーヒー園よしむら」は台風の直撃を免れた畑の1つで、被害を数本の木が曲がった程度に留めた。

これには防風対策として植えたイスノキ(ゆすのき)などが奏功したのだが、植えた40代の頃は、木の根が伸び畑に悪影響を与えるとの見方が大勢を占めていたようで、父親から大目玉を食らったという。

芳村さんは伊仙町役場を勤め上げ定年し10年が経つ。吉玉会長の影響を受けコーヒーの栽培を始めたという。農園には、10年前の09年に伊仙町経済課が沖縄から購入した配布されたブルボン種の苗木が幾多の台風を乗り越え、成木として生き残っている。

「今回、収穫量はあまりないかもしれないが、2月頃には収穫できると思う。コーヒーの実が熟すのを楽しみにしていて、家族が収穫し自家用で楽しんでいる」と芳村さんは語る。

芳村農園では、コーヒー以外にアボガド、パパイヤ、レモン、コショウ、カカオなどが育てられている。今後はコーヒーの苗を追加して植えてコーヒーの増産を図っていく。「夢は会員全員が収穫できること。全員のコーヒーの木が成長するのを楽しみにしている」と述べる。

③防風林に囲まれた「徳之島コーヒー園よしむら」
③防風林に囲まれた「徳之島コーヒー園よしむら」
④「徳之島コーヒー園よしむら」ではコーヒー以外にもアボガド、パパイヤ、レモン、コショウ、カカオなどが育てられている。写真中央はアボガドの大木。
④「徳之島コーヒー園よしむら」ではコーヒー以外にもアボガド、パパイヤ、レモン、コショウ、カカオなどが育てられている。写真中央はアボガドの大木。
⑤コーヒーの木の一部にはハブ忌避剤入りの瓶を備え付けている。
⑤コーヒーの木の一部にはハブ忌避剤入りの瓶を備え付けている。

昨年の台風24号でビニールハウスのビニールが飛ばされ、多くの苗木を駄目にしたのは米山寿八郎さん(69歳)の畑。通路も荒れ放題になってしまったが、味の素AGF社の人的支援もあって再起が図れる状態へと漕ぎつけた。

味の素AGF社の人的支援に対して、米山さんは「飛ばされて高木にひっかかったビニールを取っていただいたり、通路を歩けるように親身になって手伝って下さった」と感謝の意を表する。

米山さんが生産者会入りしたのは、前述の伊仙町経済課が沖縄から苗木を購入・配布した09年。「最初は別の場所に植えていたが、潮風に極端に弱く、雨の降らない台風で枯らしてしまった」と振り返る。

⑦コーヒーの苗木

現在は、芳村さんと同じ高台に畑を構えている。馬鈴薯で生計を立ており、コーヒー以外に、マンゴー、ドラゴンフルーツなども栽培している。

コーヒー畑は、今回被災したハウス内とは別に防風林に囲まれた畑もあり、後者は「台風24号の前に苗木を植えてなんとか持ちこたえた」という。防風林にはカポックとコクタンを採用している。

味の素AGFには販売先として期待を寄せる。「買い取ってもらうためには生産者会で収量を上げていくことが第一。私はまだ収穫したことがないのでこれから楽しくなっていくと思う」と意欲をのぞかせる。

⑧味の素AGF社の人的支援で通行できるようになった道
⑧味の素AGF社の人的支援で通行できるようになった道

伊仙町の基幹産業は、園芸(馬鈴薯・マンゴー)、畜産、サトウキビの第一次産業。徳之島コーヒー生産支援プロジェクトでは、徳之島コーヒーが次世代につながる事業へと発展していく6次産業化の青写真を描く。徳之島コーヒーの第一人者であり35年以上前から伊仙町で幾多の失敗と自然の驚異にさらされながらも生産を続けている吉玉代表も「サトウキビにおんぶに抱っこなるのではなく、島の方針として自助努力できるものを考えていた時に、私の好きなコーヒーとマッチングさせたら面白い」との考えを持つ。

今後については「生産者はやる気十分で後継者もどんどん育てていきたい」と意欲をのぞかせる。

⑨米山さんの防風林に囲まれた畑
⑩米山さんの防風林に囲まれた畑2
⑪ドラゴンフルーツも栽培している
⑪ドラゴンフルーツも栽培している
⑫昨年11月23日に開催された「伊仙町産業祭・食の文化祭」では町内産食材展示コーナーが設けられ、そこでコーヒー豆も紹介される。同コーナーを見つめる吉玉誠一代表。