道頓堀で丸かぶり 大阪大が優勝 大阪海苔組合が節分チャリティ

大阪海苔協同組合は1月27日、道頓堀川遊歩道で恒例の巻き寿司丸かぶりコンテストを開いた。

女子大生5チーム(大阪大、関西大、関西学院大、武庫川女子大短大部、京都女子大)と地元のミス商店街の計6チームが参加。今年の恵方、東北東に向かい3人1組がリレー形式で丸かぶりし、タイムを競った。

多くの見学者や観光客が見守る中、優勝を勝ち取ったのは大阪大学。タイムは10分13秒。2位は15秒差で関西大学、3位は商店街チームが続いた。

優勝した大阪大チーム(巻き寿司丸かぶりコンテスト)
優勝した大阪大チーム(巻き寿司丸かぶりコンテスト)

優勝した大阪大学の学生は「朝食はパン1つで済ませ、お腹をすかせてきた。賞金(1人1万円)でおいしいものを食べに行きたい」と喜びの声をあげ、司会者から「まだ食べるんかいな」と突っ込まれていた。

2月3日には大阪天満宮に約1千人が集まり、丸かぶりを行った。両日とも、焼海苔や味付海苔を市価の約半分で売るチャリティセールを実施。多くの来場者で賑わった。売上金の一部で車いすを購入し、大阪市の社会福祉協議会に寄贈する。