「調製豆乳」「麦芽コーヒー」に低糖質タイプ キッコーマン飲料

キッコーマン飲料は調製豆乳と豆乳飲料の新商品を2月18日から全国で発売する。糖質を気にする人にもおすすめの「低糖質」シリーズを立ち上げ、「低糖質調製豆乳」(1ℓ、200㎖)と「低糖質豆乳飲料麦芽コーヒー」(同)を提案。「豆乳飲料ラムレーズン」(200㎖)と「豆乳飲料マカダミアナッツ」(同)も新発売する。紙パック入り。1ℓ入り、税別希望小売価格280円、200㎖入り、同90円。

「低糖質調製豆乳」は100㎖当たり糖質量1.5gの調製豆乳。牛乳に比べカロリーは45%オフで、牛乳と同量のカルシウムを摂れる。そのまま飲むのはもちろん、飲み物に加えたり、料理づくりや菓子づくりにも使える。

「豆乳飲料ラムレーズン」㊧と「豆乳飲料マカダミアナッツ」(キッコーマン飲料)
「豆乳飲料ラムレーズン」㊧と「豆乳飲料マカダミアナッツ」(キッコーマン飲料)

「低糖質豆乳飲料麦芽コーヒー」は100㎖当たり糖質量1.4gの豆乳飲料。「豆乳飲料麦芽コーヒー」に比べカロリーは50%オフにした。カフェインレス。そのまま飲むのはもちろん、菓子づくりにも使える。

「豆乳飲料ラムレーズン」はラムレーズンの豊かな風味が特徴。食物繊維4.2gを配合する。「豆乳飲料マカダミアナッツ」はマカダミアナッツの濃厚でクリーミーな味わいが特徴。ビタミンEを1.9㎎配合する。2品ともに凍らせてアイスにしてもおいしく食べられることも特徴だ。

同社は「朝の豆乳習慣キャンペーン」を1月11日~3月31日の期間で実施中。朝の食卓や朝の会社のデスクなど、キッコーマンの豆乳を取り入れた写真をインスタグラムとツイッターで募集。オリジナルデザインのJCB商品券1千円分を抽選で1千人にプレゼントする。