カネカ、インドネシア事業拡大 加工油脂、新工場建設

カネカは、インドネシアでの事業展開を拡大させる。三菱商事との合弁会社で、グループのPT.Kaneka Foods Indonesia(本社、インドネシア・カラアン県、入江潤一社長、以下KFI)が加工油脂の新工場を建設する。

フィリング製品やマーガリンなどを中心に、製菓・製パン素材の生産能力を約5倍の1万5千tに引き上げる。投資額は約50億円規模。新工場は昨年12月に着工し、2020年春の稼働を予定する。

インドネシアおよびアジア地域では製菓・製パン市場の拡大が続いており、インドネシアのパン消費量は年平均5%増、日本のパン食文化が広まっている。KFIは13年の設立以来、現地の嗜好に合った製品開発や、今までにない食感や製法でやわらかいパンを提案し、事業を拡大してきた。

こうした中で、今回の新工場建設により、「今後はマーガリンなどの新製品開発や拡販、パンや菓子などの商品提案、顧客の製造サポートなどにニーズに合わせたソリューション提供を強化し、事業展開を加速させる。アジア市場での日本のパン・菓子文化を広め、早期に売上高100億円を目指す」とした。