「しびれ鍋グランプリ」に協賛 花椒油、外食の注目度アップ J-オイルミルズ

J―オイルミルズは、ぐるなび主催の「しびれ鍋グランプリ」に協賛する。

「しびれ鍋グランプリ」は全国の飲食店を対象に10月からエントリーを開始。期間中、全国で提供されるさまざまな“しびれ鍋”から、消費者の一般投票や“しびれ”にちなんだ外部審査員等の審査で、全国ナンバーワンの“しびれ鍋”を決定するほか、協賛企業による部門賞も選出する。一般投票は1月15日まで。

“しびれ鍋”とは、山椒や花椒を使用し、舌がしびれるような刺激とさわやかな香りが特徴の鍋。ぐるなびでは、18年のトレンド鍋に「しびれ鍋」を選出したほか、「今年の一皿」においても鯖に続く、準大賞として「しびれ料理」が選出され、花椒や山椒のしびれ系メニューは外食シーンのトレンドとして注目が高まっている。

花椒油(J-オイルミルズ)
花椒油(J-オイルミルズ)

J―オイルミルズでは17年秋に業務用調味油「J―OILPRO」シリーズで「花椒油1350gエコボトル」を発売。花椒の本格的な香りとさわやかさが手軽に再現できる調味油として、中華や和食などプロの料理人から高い支持を得て順調に売上げを拡大。18年夏には、業務用の小容量ボトル(350gPET)を追加したほか、100gの鮮度キープボトルを採用した家庭用商品「AJINOMOTO 香り立つ花椒油」を発売し、順調に販売を伸ばしている。

今回、ぐるなび主催の「しびれ鍋グランプリ」に協賛し、今シーズンの鍋商戦を盛り上げる“しびれ鍋”を通じた外食市場の活性化と、花椒油をはじめとする調味油シリーズのさらなる拡販につなげる。