「みそ作り体験館」に建築・デザイン賞 100周年のハナマルキ

ハナマルキの「ハナマルキ みそ作り体験館」はこのほど、世界最大規模の建築イベント「World Architecture Festival Awards 2018」の生産エネルギー・リサイクル部門、スモールプロジェクト部門の2部門において日本唯一のファイナリストとして選出された。

同アワードは建築界のワールドカップと呼ばれ、各国の建築家やディベロッパー、建築メディアが集結する。

みそ作り体験館はこのほかにも、DFA Design for Asia Awards 2018のMerit Awardで入選、JCDデザインアワード2018の公共生活空間部門でベスト100、日本建築家協会優秀建築選2018の優秀建築選部門で100選、DSA日本空間デザイン賞2018の商業・サービス空間部門で入選するなど、国内外の建築賞・デザイン賞に入賞している。

今年11月にオープンしたみそ作り体験館は中央アルプスと南アルプスに囲まれた風光明媚な立地に佇んでおり、雪化粧をした山々のような白いフォルムが特徴となっている。同社100周年のキャッチフレーズは“次の100年へ”であり、同館も次の100年を意識した未来型の施設をイメージした。

体験館は2階建てで、2階の体験スペースではワイドウインドウより南アルプスの雄大な自然を眺望しながらみそ作りを体験することができる。みそ作り体験を通して、日本の文化であるみその魅力を広める。