受験生応援へ「合格ッタ」 神田明神で祈願 東洋水産

本格的な受験シーズンが近づいてきたが、すべてのジャンルの若手を応援する「QTTA エールプロジェクト」の一環して、頑張る受験生を応援する「合格ッタ」企画を昨年に続き実施する東洋水産は10日、江戸総鎮守の神田明神(東京都千代田区)で合格祈願のご祈祷イベントを実施した。

同企画は、同社の「受験生を応援したい」という思いから、「合格ッタ」オリジナルパッケージの「MARUCHAN QTTA SHO-YUラーメン」5千セットに対し合格祈願の祈祷をしてもらい、都内の高校や受験のため都内のホテルなどに宿泊する受験生に配布するというもの。

当日のご祈祷イベントには、受験生の子供を持つ母親の代表として、タレントのジャガー横田さんをゲストに招き、受験にまつわるトークセッションも展開した。

合格祈願イベントの冒頭、主催者を代表してあいさつに立った東洋水産加工食品部即席企画1課の中嶋健太郎課長は「(この企画は)人生を大きく左右するかもしれないくらい大切なタイミングを迎えた受験生に向け、『何か応援できないか』という思いから始めた。今回、神田明神で合格祈願した『合格ッタ』オリジナルパッケージの『QTTA』を受験生にお配りする。一生懸命勉強し、お腹がすいた時に食べ、食べた後にホッと一息ついてもらい、また頑張ろうという気持ちになってもらえれば」などと語った。

ジャガー横田さんは「息子の受験を通し、『挑む』という意味がすごく大きいものだなということをつくづく感じている。受験生の皆さんも合格が第一目的だが、意味のない受験はないと思う。ぜひ、前向きに考え、大きくなっていただきたい」とすべての受験生にエールを送った。