シーバスリーガル 「日本の顔」に宮藤官九郎

ペルノ・リカール・ジャパンが展開するブレンデッドスコッチウイスキー「シーバスリーガル」は11月29日から新キャンペーン「SUCCESS IS A BLEND―ブレンドは成功のもと―」を展開。日本の顔として宮藤官九郎氏を広告に起用する。

「シーバスリーガル」ではブランドの要である「アート・オブ・ブレンディング(ブレンディングの芸術)」のメッセージを今秋からこのグローバルキャンペーンを通じて発信し、各国で多彩な才能を有する人たちをキャンペーン広告に起用する。

ティム・ペック社長は「ブレンドすることで高品質なスコッチを楽しめるようにする、これがシーバスリーガルのDNAだ」と話し、「このキャンペーンはそのDNAを反映したものだ」と胸を張る。

キャンペーンでは全国で交通広告、雑誌、インターネット広告を展開。Webでは広告と同様のビジュアルが作れる特設サイトも展開する。またブランドを体験できる期間限定イベントを1月10日まで東京・六本木のMercedes me Tokyoで実施、期間中は「シーバスリーガル ミズナラ12年」などにマッチするフードも楽しめるほか、さまざまなコンテンツも用意している。

宮藤氏は脚本家、監督、俳優、ギタリストといった幅広い分野で活躍しており、さまざまな個性をブレンドさせて人々を魅了する「多彩で寛大なマルチタレント」(ヤン・ソエネン マーケティングディレクター)のイメージが、「アート・オブ・ブレンディング」のメッセージと合致、起用に至った。

11月29日の発表会で宮藤氏は「最近よく飲むのは『ミズナラ』」といい、「若い人にもぜひいろいろな飲み方をしてほしい。何かをやり遂げたとか、自分にご褒美だとか、その日の気分で楽しんでほしい」とアピールした。

「シーバスリーガル」は1801年から続くシーバス・ブラザーズ社の旗艦ブランド。150か国以上で飲まれ、日本では「同12年」「同ミズナラ12年」「同18年」「同アルティス」「同25年」「同アイコン」の6品を展開している。