土産事業に新規参入 「濃密レアチーズケーキ」発売 六甲バター

六甲バター(神戸市)が土産事業に参入する。新ブランド「ex’fromage KOBE」(エクスフロマージュ KOBE)の第1弾商品として、13日からJR新神戸駅と新大阪駅で先行発売する「濃密レアチーズケーキ」がそれだ。

新ブランド「エクスフロマージュ KOBE」は、「Experience」(経験)、「Excellent」(卓越した)、「Expert」(熟練者)などの意味を持つ「ex」の頭文字と、チーズを表すフランス語「Fromage」(フロマージュ)を掛け合わせた造語。「チーズ作りの熟練者(六甲バター)が生み出す至極の新スイーツ体験を届けたい」という想いを込めて命名した。

第1弾商品として発売する「濃密レアチーズケーキ」(4個入り、税別1千200円、2個入り700円)は、「風味」「食感」「触感」にこだわって開発。濃厚な風味を出すため、クリームチーズ分45%という高い配合にこだわり、ミルキー感や重厚感を出すべく、産地の異なるクリームチーズをブレンド。滑らかさを追求し、ねっとりした濃厚な食感が残るよう仕上げ、スプーンを入れた際の触感で、濃厚感が感じられるようにした。

土産物としてアピールすべく、神戸港から出航する豪華客船をイメージ。神戸らしいオシャレなデザインにこだわった。メーンターゲットと位置付ける神戸を訪れた若い女性に訴求していく。

発売に合わせ、「ex’fromage KOBE」(エクスフロマージュ KOBE)のブランドサイトもオープン予定だ。

六甲バターは今年創業70周年を迎えたプロセスチーズのトップメーカー。70周年を記念し、事業領域の拡大と地元神戸を盛り上げるべく、土産事業に参入したもの。なお、「濃密レアチーズケーキ」は「神戸セレクション 2019」認定商品に選ばれている。