年末恒例のイルミイベント「青の洞窟SHIBUYA」スタート 日清フーズ特別協賛

日清フーズが特別協賛するイルミネーションイベント「青の洞窟SHIBUYA」が11月30日からスタートした。3年目の今年は、鈴やベルの音とともに光が動くサウンドジェニックなイルミネーションにバージョンアップし、渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木が幻想的な青の光で包まれる。点灯期間は代々木公園内が12月31日まで。渋谷公園通りは1月16日まで。主催は「青の洞窟SHIBUYA」実行委員会。

29日の点灯式には長谷部健・渋谷区長や、特別ゲストの加藤綾子さん、日清フーズの小池祐司社長らが出席。小池社長は地元関係者の協力に感謝するとともに、「イルミネーションイベントを通じて、『青の洞窟』ブランドの世界観を多くの人に発信したい」と語った。

代々木公園ケヤキ並木では期間中、日清フーズの「青の洞窟ボロネーゼ」をはじめ、ブルーシャンパンやホットレモネードが楽しめる「青の洞窟Blue Parks」がオープン、「青の洞窟」のブランドCMで登場するBLUE CUBEも設置。土日祝日限定で、会場内の特設ブースで「青の洞窟」公式インスタグラム・フェイスブックアカウントをフォローした人には、パスタソース「青の洞窟ボロネーゼ」をプレゼントする。