海苔、ふりかけで簡単おかず 和弁当作り親子食育教室 大森屋

大森屋は11月24日、東京「patia新御茶ノ水」で「和弁当作り・親子食育教室」を開催した。大森屋の海苔製品、ふりかけ製品を使った簡単おかず料理を料理研究家の“ちょりママ”こと西山京子さんが楽しくレクチャー。参加した10組20人の親子が楽しくお弁当作りに参加した。

冒頭のあいさつに立った稲野社長は「海苔は日本で70億枚以上作られており、半分は九州の有明海で採れている。輸入も合わせて日本人は年間85億枚ぐらい食べている計算で、1人当たりでは年間80枚ぐらいになる。それほど食べているかと思わるかもしれないが、CVSおにぎりなどでかなり消費されている。身近な食材である海苔を使って楽しいお弁当作りになればと思う」と述べた。

挨拶する稲野達郎社長(大森屋)
挨拶する稲野達郎社長(大森屋)

あいさつの後は、ちょりママによる料理実演に入った。メニューは「ふりかけチキン」(緑黄やさいふりかけ使用)、「小魚たまご焼き」(小魚ふりかけ使用)、「カリカリ梅しらすブロッコリー」(カリカリ梅しらす使用)、「にんじんの梅しそマリネ」(カリカリ梅赤しそ使用)、「梅しそそぼろ」(カリカリ梅赤しそ使用)などのおかずと、「梅しそそぼろの手巻きおにぎり」(手巻きのり使用)のご飯を揃えた。

実演後には親子でラップ海苔巻きなどを作り、用意されたお弁当箱に詰めていった。賑やかな作業も終わると、試食、歓談となり最後に記念撮影をして終了となった。大森屋が東京で同様な食育教室を開催するのは初めてのこと。大阪では海苔のレシピコンテストなど実施したことはあるが、初めての東京開催となった。