さとう、神戸市にスーパー初出店 生鮮4品を強化・充実

さとうは8日、「フレッシュバザール神戸ビエラ明舞店」(神戸市垂水区)をオープンした。同店はJR西日本不動産開発が開発する複合施設「ビエラ明舞」内へのテナントとしての出店。さとうが神戸市に出店するのは初めてとなる。オープン当日は500人以上が列を作り、入場制限が行われるなど大盛況となった。

同店の総品目数は約1万1千700、このうちEDLPの品目数は約8千800で構成比は約75%となり、既存店に比べ5ポイント増。また、同店は明舞団地内に位置し、500m圏内には3万3千526人が居住。3㎞圏内には19万5千658人、8万9千658世帯が居住しており、バスを利用した来店も見込んでいる。

神戸ビエラ明舞店の店内
神戸ビエラ明舞店の店内

同店では通常のフレッシュバザール業態の売場面積(約1千㎡)に比べ1千607㎡と広めに設けた。店内専用窯で焼いた「プレミアム・ピッツア」や「まごころ弁当」「鶏めしおにぎり」など店内加工の人気商品を揃え、さとうの強みである惣菜や弁当、パン、スイーツなどを集約した「デリシャスゾーン」をより充実させている。

また、旬・味・鮮度にこだわった「フレッシュゾーン」では日本海で当日水揚げされた天然魚の販売に加え、明石の魚市場に当日水揚げされた瀬戸内海の新鮮な生魚を展開。このほか、青果では地場野菜を含む新鮮な野菜、果物などの品揃えを強化、精肉では味付け肉やさとうのオリジナル商品「お肉屋さんのぎょうざ」「ハンバーグ」、保存や調理に便利な冷凍肉の販売に注力する。

【店舗概要】
▽建物構造=鉄骨造り・地上3階建て
▽売場面積=1千607.58㎡
▽駐車台数=132台+提携駐車場130台
▽駐輪台数=124台
▽営業時間=午前8時から午後9時45分