西国三十三カ所草創1300年 スイーツで巡礼盛り上げる

西国三十三所札所会(会長=鷲尾遍隆石山寺座主)は3、4の両日、石山寺(滋賀県大津市)で日本唯一のお寺のスイーツ博「西国三十三カ所巡礼&スイーツ ~お寺でお茶しましょ~」を開催した。日本最古の巡礼道である西国三十三カ所は今年1千300周年を迎え、記念事業として各札所やその周辺のスイーツを食べ歩く女性やファミリー層をターゲットにした新しい巡礼スタイル「スイーツ巡礼」を企画している。

イベント当日は、大手和菓子メーカー・叶匠寿庵や人気洋菓子店「キルフェボン」の限定スイーツが販売されたほか、石山寺の本尊・如意輪観世音菩薩にスイーツ巡礼の銘菓を献上する法要などが行われた。また、境内には西国三十三カ所札所のスイーツの出店や地元自治体のPRブースなども出店した。

さらに、各札所や札所の地元観光協会などのキャラクター7体に対して1千300年記念事業PR大使委嘱式も行われ、参詣客の注目を集めていた。