サイクリングおじさん

5年前に親類から貰ったものの、放置していた自転車を修繕し先週から乗り始めた。生活環境が変わったことに加え、火野正平さんの「こころ旅」の影響もある。“人生下り坂 最高”とさわやかに嘯きながら、自由な魂で旅する様子はすこぶる愉快だ。

▼自転車人口は2001年の1千600万人をピークに一時期半減し、09年あたりから徐々に増加、昨年は910万人だそうだ。タイプ別で最も伸びているのはスポーツタイプで、次いで電動アシストタイプとのこと。

▼かつて、名古屋を拠点に関東、関西、北陸と走り回ったサイクリング少年だった。さいわい近隣には旧所名跡がゴマンとある。時間を見つけてはサイクリングおじさんとして復活を遂げたい。ただし国内の自転車乗車中の死亡事故は全交通事故の約6%を占めるとのこと。年齢を考えた走り方は必要だ。

▼東京五輪開催を控えて、こういうおじさんが増えているのか、食品業界でも特に健康食品系でスポーツニュートリションを切り口にした商品が増えてきた。この商機をものにするのはどの企業なのかを見守っていきたい。