「コーヒーと和菓子」パリで発信 ライブパフォーマンスも 味の素AGF

味の素AGF社は、日本とフランスの友好160周年を記念してフランス・パリを中心に開催されている大規模な複合型文化芸術イベント「ジャポニスム2018:響きあう魂」で、コーヒーと和菓子の組み合わせを体験できる参加企画「和菓子ライブパフォーマンス Supported by AGF『煎』」を、11日にフェランディフランス料理高等専門学校、13日にパリの老舗ベーカリー、ポワラーヌで開催した。

日本の伝統文化の革新者とコラボレーションしコーヒーと和菓子の可能性を広げるさまざまな挑戦を行う「珈琲♡和菓子プロジェクト」の一つである『AGF「煎」WAGASHI-INNOVATION lab.(ワガシイノベーションラボ)』プロジェクトの一環で、フランス・パリにおいて現地の人に新しい食文化を発信することを目的として同企画に参画した。

「JapaNeeds Coffee」(ジャパニーズコーヒー)を目指すブランドAGF「煎」は16年から、コーヒーと和菓子を楽しむという新しい食文化の創造をコンセプトとした「珈琲♡和菓子プロジェクト」に取り組んでいる。

今回の企画では、国内外を問わず和菓子の啓発活動を行う団体「チーム和菓子」から、東京製菓学校学校長・梶山浩司氏、両口屋菓匠・清水利仲氏、大野屋・安藤耕一氏の3人の和菓子職人が、どら焼きや練り切りなど色とりどりの和菓子作りを披露し、AGF「煎」とともに振る舞った。