新JASマーク決定 「信頼の日本品質」アピール

農水省は19日、新たなJASマークを発表した。現行のJASマークは、平準化規格と有機JASなど特色のある4つの規格があったが、今回、特色のある規格のうち、有機JASを除く3つのJASマークを新たなJASマークに統合した。

国内外で「信頼の日本品質」を一目でイメージしてもらえるよう、日本を象徴する「富士山」と、日の丸を連想させる「太陽」を組み合わせたシンプルなデザインを採用し、「『地鶏肉』『熟成ハム類』などの「高付加価値、こだわりJAS」「生産情報公表食品JAS」「低温管理流通食品JAS」など、それぞれの規格の内容を富士山の裾野部分に記載する。配色の指定はしない予定。

農水省では、日本を象徴するデザインの新たなJASマークを採用することで、国内外市場に「日本品質」をアピールしていきたい考えだ。