縁起のよいブルマン 1月9日の記念日に“勝ち豆”訴求 ジャマイカコーヒー輸入協議会

1月9日は「ジャマイカ ブルーマウンテンの日」――。ジャマイカコーヒー輸入協議会が日本記念日協会に働きかけ今年制定された。

1967年1月9日、ジャマイカ産コーヒーを載せた貨物船がジャマイカの主都・キングストンの港を出港。この事実は、現地新聞のトップをかざるほど話題になったことから、1月9日を記念日とするに至った。ただし記念日の制定が飲むきっかけに直結しないと考え、1月は受験シーズンであることから、勝負を控えた大切な人の勝ちを祈る“勝ち豆”と意味づけた。

先般開催された「SCAJ2018」で取材に応じた兼松食品第一部飲料・酒類課の古賀悠人氏は「ブルーマウンテンコーヒーは土地柄、数年おきにハリケーンが発生し生産がなかなか安定しない豆。そこで、勝ち残った縁起の良い豆ということで“勝ち豆”と謳うことにした」と説明した。

記念日登録証(ジャマイカ ブルーマウンテンの日)
記念日登録証(ジャマイカ ブルーマウンテンの日)

ターゲット層は受験生やその親、成功を目指す20~30代や成人になる生活者。トップボードやポスター、フラッグなどの販促ツールで盛り上げていく考えだ。

なお同協議会は、アタカ通商、MCアグリアライアンス、兼松、UCC上島珈琲、豊産業、ワタルの会員企業6社で構成されている。