イオンリテールが小型スーパー近畿1号店 イートイン設け外食需要に対応

イオンリテール近畿カンパニーは5日、イオンリテールが手掛ける小型スーパーの近畿1号店となる「イオンエクスプレス大阪常盤町店」を大阪市中央区にオープン。コンビニサイズのスーパーとして、「季節に合った棚展開を行い、お客さまに毎日来たい、1日に何回も来たいと思っていただけるような店を目指す」(岡本博之店長)。

取扱品目は約4千アイテム。寿司や惣菜、デザート、パンを中心に野菜や少量パックの精肉、冷凍商品など幅広くラインアップ。また、店内にイートインを20席設け、内食や中食に加え外食需要にも対応。消費者の声を売場に反映させ、小型スーパーならではのコスパが高く、満足できる品揃えを目指す。

弁当なども充実(イオンエクスプレス大阪常盤町店)

今後の出店は大阪市内などの都心部を中心に検討。早期に店舗数を拡大することで、ドミナントを形成しながら物流面などの整備を図る。営業時間は午前7時~午後11時まで。