歳暮はスティック飲料注力 間口の広がりと贈答先変化がカギ 味の素AGF

味の素AGF社はスティックギフトに注力して歳暮ギフト商戦に臨む。

9月27日、本社で発表した金谷克彦常務執行役員は「中元・歳暮ギフト市場ではコモディティ・日常品が厳しい中、われわれが目指しているのはパーソナル・プレミアム・健康の3つ」と語った。

この考えの下、古賀大三郎リテールビジネス部長は、中元ギフト市場でも同社が牽引して拡大したスティックギフトに注力していく考えを明らかにした。

「ブレンディ」のスティックギフトは中元期、アイスメニューが受け入れられ配荷も拡大し2ケタ増となった。

スティックギフト市場の販売動向については「購入率は瓶のギフトを抜いている。便利なものを贈答先にも感じてもらいたいという動きと、今まで贈っていたギフトからスティックギフトにスイッチする贈答者の動きが見られる。贈答者が贈答先のことをよく考えて商品を選択されていることが市場の伸長に反映している」とみている。

瀧川直美リテールビジネス部ギフトグループグループ長も、スティックギフト拡大の背景について、スティックの間口が家庭用市場を含めて拡大していることと贈答先の変化を挙げた。

〈AGF「ブレンディカフェラトリー」スティック プレミアムギフト〉を手に説明する瀧川直美氏(味の素AGF)
〈AGF「ブレンディカフェラトリー」スティック プレミアムギフト〉を手に説明する瀧川直美氏(味の素AGF)

贈答先の変化には、贈答先世帯の子供年齢の変化と贈答先世帯の高齢化を挙げ、前者では子供の成長に伴い洋菓子やジュースのギフトからスティックギフトへ移行が進んでいるとした。

一方、後者では「夫婦二人世帯ではお菓子の詰め合わせを食べ切れず、スティックコーヒーをお菓子と一緒に楽しみたいというニーズが増えてきた」と述べた。

このような市場動向を踏まえ、歳暮期のスティックギフトは〈AGF GIFT「TODAY’s STICK」〉、〈AGF「ブレンディカフェラトリー」スティック プレミアムギフト〉、〈AGF「ちょっと贅沢な珈琲店」スティック プレミアムブラックギフト〉を新発売する。

「TODAY’s STICK」は、「ブレンディ」「ブレンディカフェラトリー」「ちょっと贅沢な珈琲店」3ブランドを新形態のボックスに詰め合わせた。

新形態のボックスは、各種のスティックが飾られるように直立し、リビングやオフィスにそのまま置いても違和感がないように仕立てられている。

これにより贈答先が保管しやすくなることで「ホームパーティーや手土産需要が高まってきている中、カジュアル過ぎずコンサバ(保守的)過ぎないスタイリッシュな形状とデザインでさまざまなシーンに利用できる」という。

配送費が高止まりを続ける中、デザインとコンパクト化を両立し配送費削減を追求したのが「ブレンディカフェラトリー」のギフト。独自技術を使い全アソート品のミルクのコク感を高めて豊かな泡立ちに改良するとともに折り畳める化粧箱を採用し「高学年以上の子供がいる世帯や夫婦二人世帯の贈答先をターゲットにしていく」。

3種のブラックタイプのプレミアムスティックを詰め合わせた「ちょっと贅沢な珈琲店」のギフトもさっと取り出せるスライド式の化粧箱を採用し保管場所に困らないようにした。主に夫婦二人世帯の贈答先用に向けて訴求していく。

「味の素」ブランドギフトだしとオリーブオイルで新提案

「おだしを楽しむギフト」㊤と「風味を楽しむオリーブオイルギフト」
「おだしを楽しむギフト」㊤と「風味を楽しむオリーブオイルギフト」

一方、味の素ブランドギフトでは「おだしを楽しむギフト」「風味を楽しむオリーブオイルギフト」「減塩調味料ギフト」を新発売する。

「おだしを楽しむギフト」の投入の背景は、和食ブームによるだしギフト市場の活況にある。同社調べによると、昨冬ギフト市場平均が94%となる中で、醤油・だし・みそ・調味料類カテゴリーは100%を上回った。

また17年味の素社調べによると、だしパック市場は12年に42億円だったのが16年に58億円に拡大している。

同ギフトには、伊予産の本枯れ節とさば枯れ節、焼津産の荒節、長崎産の焼きあご、国産椎茸、北海道産の昆布――の6種の国産素材でつくられた通販商品「ほんだし華だし」(18袋入箱)とヤマキの「白だし」(360㎖瓶)、「鰹だしつゆ」(同)の3品目がアソートされている。

「風味を楽しむオリーブオイルギフト」は、フレーバーオイル(70g瓶)とPETの鮮度キープボトルを採用した「オリーブオイルエクストラバージンギフト」(150g)を詰め合わせた。

フレーバーオイルは「オリーブオイルユーザーが自分ではなかなか買わないものとして、小容量で使い切りできるようにした」との考えで、オリーブ&ガーリック、オリーブ&バジル、オリーブ&レモンの3種を詰め合わせている。

鮮度キープボトルは、味の素グループ初の採用で、デラミボトルと呼ばれるもので中身を出した時に空気が容器内に入らないようになっている。

オリーブオイルギフト市場は今年の中元期に金額ベースで2ケタ増と推定。同社オリーブオイルギフトも「全体的に好調で特に『オリーブオイルエクストラバージンプレミアム フルーティア ギフト』は汎用油ギフトからの流入で2倍強伸ばしている」(リテールビジネス部シニアマネージャーギフトグループの高橋和也氏)。