「ダイズとアーモンドのロカボクッキー」 ロカボ生活のおやつに マルコメ、LOHACO展に出品

マルコメは19日、インターネット通販サイト・LOHACOで「ダイズとアーモンドのロカボクッキー」を発売した。同商品はアスクルが10月5~10日に代官山T-SITE GARDEN GALLERYで開催する「暮らしになじむLOHACO展2018」に出品する。

同商品は大豆粉を使うことで小麦粉の使用量を抑え、糖質の少ないアーモンドで仕上げた。クッキー1枚当たりの糖質量は0.9gのため10枚(2枚×5袋)すべて食べても、間食のロカボ基準(糖質10g以下)をクリアするギルトフリーを実現。隠し味のみそがコクのある味わいを生み出し、食べ応えもある。

ロカボとは、食・楽・健康協会が提唱する、おいしく楽しく適正な糖質摂取を指す。マルコメでは“ヘルシーを、もっとおいしく”をコンセプトに、大豆の魅力が詰まった「ダイズラボ」ブランドを通して、糖質の多い小麦粉を大豆粉に置き換えるロカボ生活を提案している。

ヘルシー志向がますます高まる現在では、罪悪感なく食べられることを意味するギルトフリーという言葉も登場し、「ダイズラボ」ブランドの大豆粉シリーズもギルトフリーの一つとして注目されている。