キユーピー 来年で創業100周年 多彩な記念コンサート

キユーピーは、1919年に食品工業(株)として創業し(57年9月にキユーピー(株)へ社名変更)、来年100周年を迎える。“長年にわたるご愛顧への感謝”として、19年1月から100周年を記念した各種イベントを実施する。

同社は、マヨネーズやドレッシングを日本で初めて製造するなど、それまで日本ではなじみの薄かった食品を事業化し、新たな市場の創出や食文化の発展に挑戦してきた。

100周年を迎え、創業の精神を受け継ぎながら、これからの100年に向けて挑戦を続けていきたいという想いを込めて、「最初につくり、育てる。キユーピー100年」「100years,start!」という100周年記念スローガンを制作。記念ロゴ=写真=は、新しい発想で商品や市場を生み出していくことを象徴するものとして、「卵」のシルエットをデザインしている。

長年、「食」と豊かな心を育む「音楽」にかかわる文化活動の支援を続けてきた実績から、100周年記念の取り組みは音楽イベントから始まる。

第1弾は、「キユーピー100周年スペシャルニューイヤー・コンサート2019ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団」。1月1~3日にサントリーホール(東京)で開催した後、6日愛知県、9日大阪府、10日福岡県、12日神奈川県、13日長野県、16日北海道を巡る。

第2弾は1月5日の1日限りのスペシャル公演「キユーピー100周年スペシャル ニューイヤー・ファミリークラシック」をサントリーホールで開催し、創業年にちなみ1919人の小学生を含む親子を無料で招待する。

第3弾が「キユーピー笑顔を届ける音楽会」。プロの演奏家によって編制されたミニオーケストラが、全国各10か所の幼稚園・保育園と介護施設を巡る。4~6月東京・中部・九州、7~8月北海道・東北・関西、9~10月関東・甲信越・中国・四国。

また、3月には期間限定のレストランを東京にオープンする。野菜や卵を使ったスペシャルメニューの提供や、参加型のイベントも実施予定。ホームページでは、100周年特設サイトの予告を公開し、各種イベント情報を掲載している。12月中旬には100周年特設サイトを開設、100年間にわたるキユーピー商品の歴史などを紹介していく。