ハチ食品 「カラダにSPICE」など秋冬は健康訴求を軸に

ハチ食品はこのほど、秋冬家庭用新商品を発売。“低糖質”や“緑黄色野菜”、スパイスなど健康を切り口とした新シリーズも登場した。

スパイスを手軽に常用できる新シリーズ「カラダにSPICE」は、パウダータイプのスパイスで料理や飲み物に加えやすく、素材の成分を簡単に摂ることができる。

今回発売した3品はいずれも1袋30g、200円。厳選したシナモンパウダーにコラーゲンを8千㎎配合した「カラダにSPICE シナモン」、香り高いジンジャーパウダーにビタミンE150㎎を配合した「同 ジンジャー」、「同 ターメリック」にはオルニチン1千600㎎を配合、また1袋にクルクミノイド250㎎が含まれている。

パッケージデザインは白色を基調とし、幅広い年齢層に手に取ってもらいやすいシンプルで上品なデザインを採用した。

“美味しさと健康を研究”をコンセプトとした新シリーズ「HACHILAB(ハチラボ)」は、同社既存品と比べ糖質を50%オフした低糖質タイプのレトルトカレー。低糖質でありながら満足できる味わいと続けやすい手頃な価格が特徴。

28種のスパイスと牛肉の旨みの「ビーフカレー中辛」とガラムマサラを効かせたスパイシーな「チキンカレー中辛」の2品で150g、175円(税別)。

1日分の緑黄色野菜が摂れる「ベジタフル」シリーズは、野菜の甘味をより引き立てるために従来よりも野菜の苦みを抑え、味のバランスを整えリニューアルした。パッケージデザインも1日分の緑黄色野菜が摂れるというコピーを大きくし、商品特徴を分かりやすく表現した。

「ベジタフル 野菜カレー中辛」は、たっぷりの緑黄色野菜に玉ネギ、セロリ、ズッキーニを加えた野菜カレー。「同 キーマカレー中辛」は、鶏ひき肉と、大豆タンパクにたっぷりの緑黄色野菜を加えたキーマカレー。レトルト200g、250円(税別)。