「スタミナロング海苔巻き」 ワークショップ開催 山本海苔店

山本海苔店は食育イベントとして「スタミナロング海苔巻きワークショップ」を本社別館で開催した。6mのロング海苔巻きを作るなど海苔について楽しみながら知ってもらうことを目的としている。今回で2回目の開催となった。

イベント内容は海苔ができるまでの話や、海苔の食べ比べ、ロング海苔巻き作り、金箔海苔巻きデモンストレーションや各試食で参加人数は25人(11組)だった。ほとんどが親子連れで子供にとっては初めて聞くような海苔の話であり、親にとっても知らなかった海苔の知識や違いを学ぶ良い機会となった。

イベントの開催意義について山本海苔店は「近年、海苔巻きを行う家庭も減ってきており、この機会を設けた。せっかく作るなら思い出になるようスタミナ具材を使った6mのロング海苔巻きにした」と話した。子供だけでなく大人からも「楽しかった」「良い海苔を使うと味だけでなく、海苔巻きを作る際の海苔の切れ味も違って面白い」といった感想があふれて盛況の内に幕を閉じた。

今年は海苔が豊作で当たり年になる。海苔業界としておいしい海苔を多くの消費者に食べてもらいたいという思いは山本海苔店と共通するところだ。