アサヒ緑健 “飲みやすい青汁” 本社1階カフェでPR

「緑効青汁」などの青汁シリーズ商品で売上高12年連続トップを誇るアサヒ緑健(本社・福岡市博多区博多駅東、古賀良太社長)は1日、本社ビル1階に、青汁を使ったドリンクやスイーツを提供(テイクアウトも可)する「33 CAFE GREEN(サンサンカフェグリーン)」をオープンした。

カフェ名の「サンサン」は社名の「アサヒ(SUN=太陽)にちなんだもの。昨年、創業20年を迎えたのを機に新しいカテゴリーでの店舗出店を計画。同社社員が粉末状の青汁を使ったラテやロールケーキなどおよそ20種類の商品開発を手掛けた。

「緑効青汁」は九州・阿蘇で農薬を一切使用せず有機栽培した大麦若葉「むぎおう」を主原料とし、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖を加えた青汁商品。今後は同カフェを情報発信基地として、シニア層に加えて若年層に向けて、その「飲みやすさ」を訴求する。さらにカフェ内には同社の青汁商品6シリーズを直接購入できる常設コーナーを併設。各商品の魅力を対外的に発信することで、幅広い消費層の取り込みを図っていく。

なお、店舗の詳細は次の通り。

【メニュー】

〈ドリンク〉緑効青汁スタンダード(ICE)、AOJIRUラテ(HOT)、AOJIRUアーモンドミルク(ICE)
〈フード〉AOJIRUチキンシチューwithバゲット、AOJIRUチキンサンド、AOJIRUタマゴサンド、その他スイーツや焼菓子など

青汁商品常設コーナー

【席数】

店内(カウンター8席、テーブル10席)、オープンテラス(カウンター3席、テーブル10席)

【営業時間】

平日8時~19時30分/土日・祝日10時~19時。