暑い夏にはそうめんを!揖保乃糸が大阪で試食会

兵庫県手延素麺協同組合は1日、恒例の夏の販促イベントを大阪市淀川区のライフ・セントラルスクエア西宮原店で開催した。

そうめん最盛期に「揖保乃糸」を振る舞って、そのおいしさと品質の高さを再認識してもらおうと毎年企画している。6月10日からスタートし、7月15日のサンリブJR鹿児島中央駅前まで、全国9都市11会場で開催する。

今年初会場となったライフでは店舗入り口横スペースで、午前11時~午後4時に約1千500食の振る舞いそうめんを実施した。最もポピュラーである「揖保乃糸 上級品」を使い、その味が最も分かりやすい「冷やしそうめん」をメーンに、アレンジメニューの「トマトそうめん」(カゴメ)、「ツナカレーそうめん」(はごろもフーズ)、「冷やし鶏だしそうめん」(味の素)の3種類の企業タイアップメニューを提供。揖保乃糸の魅力や特徴、簡単にできるメニューを紹介した。

当日は“乾麺日和”にふさわしい猛暑日となったことから、涼を求めて冷たいそうめんに集まる親子連れの姿が多く見られた。

またコーナーの一角では親子連れ先着100人におもちゃがもらえる抽選会、試食に提供した「上級品300g」「同500g」の即売会を実施。購入客には「上級品」のサンプルや、レシピカードなどが入った詰め合わせセットをプレゼントした。