トーホーストア 生鮮売場を拡張 志染駅前店リニューアル

トーホーストアは6月28日、「志染駅前店(兵庫県三木市)」をリニューアルオープンした。「志染駅前店」は同社の中でも売上げ上位に位置する基幹店舗で、03年9月のオープン以来初となる大規模な改装。生鮮売場を拡張し、生鮮3品と惣菜の合計で売上げの6割を目指すなど、コンセプトである“健康で安心な地域の冷蔵庫”“毎日のおかずを提供する店”の具現化を目指す。

青果売場では高鮮度の「かんで野菜」売場を常設するほか、冷蔵ケースを廃止し新鮮な野菜を売り切るスタイルを採用した。「かんで野菜」は、自社農園トーホーファーム(神戸市西区)を中心に神戸市西区神出町近郊で採れた野菜、収穫後24時間以内に店舗に搬入するなどの条件を満たした高鮮度・高品質な野菜をブランド化したもの。

鮮魚コーナーは、地元漁港の昼網などを充実し対面売場を拡張。精肉も売場面積を1.5倍に広げた。

また提携しているバローのノウハウを導入し、トーホーストア3店舗目となるインストアベーカリー「パン工房 香麦屋(こむぎや)」を導入している。

▽トーホーストア志染駅前店(三木市志染町西自由が丘1の324)=売場面積1千53㎡、駐車場70台。