ネスレ日本 コーヒーなど濃縮タイプ訴求へ体験の場 大正期のミルクホールを進化

ネスレ日本は非日常での飲用体験を通じて、「ネスカフェ」「ネスレ」濃縮タイプ商品を訴求している。

その一環で5月31日には「ネスカフェ 原宿」で「ネスカフェ ミルクホール」が6月10日までの期間限定でオープンした。これは大正期を中心に流行したミルクホールを現代版に進化させたもので、全国各地から厳選して取り寄せた牛乳と計9種類の濃縮タイプ商品(コーヒー・紅茶・抹茶を組み合わせたドリンクメニューとミルクホールの看板スイーツであったシベリアを有料で提供している。

この狙いについて、オープン当日囲み取材に応じた永田真一飲料事業本部液体飲料ビジネス部部長は「われわれが調べていく中で一番の課題は、牛乳で割って飲む希釈用の飲みものがまだまだ知られていない点にあり、体験の機会をたくさん設けていきたい」と述べた。

店頭では異業種コラボ企画を実施。「共通の課題である朝食というくくりでお客さまに朝食をきちんと取っていただく活動を店頭とデジタルの両方でやっていく」との考えの下、敷島製パンとは「超熟のPasco」でシベリアをはじめとする朝食レシピを共同開発し売場に提案している。

濃縮タイプ商品9種類の内訳は、量の調節ができるボトルタイプ2種類と個包装のポーションタイプ7種類。濃縮コーヒー市場については「2年前に比べて3倍に拡大。共働き世帯が増え、簡便で本格的な味が求められていることが背景になっている」と語った。

牛乳のラインアップは「稚内牛乳」(北海道)、「中洞牧場牛乳」(岩手県)、「南ヶ丘牧場ガーンジィゴールデンミルク」(栃木県)、「白木牧場 特別牛乳」(福岡県)、「石垣ジャージー牧場牛乳」(沖縄県)の5種類。オープン当日はミルク料理研究家で管理栄養士の小山浩子氏がメディアに向けて各牛乳の特徴を説明した。

ネスレ通販では、濃縮タイプ商品を定期便に追加すると、ご当地牛乳が毎月20人に当たるキャンペーンを10月31日まで実施している。