サントリー 京都ブルワリー刷新 品質への理解深める

リニューアルした試飲会場(「サントリー〈天然水のビール工場〉京都ブルワリー」)
リニューアルした試飲会場(「サントリー〈天然水のビール工場〉京都ブルワリー」)

サントリーホールディングスは3日、昨年12月から一部改修を行っていた「サントリー〈天然水のビール工場〉京都ブルワリー」のプレス内覧会を実施。期間中、休業していた一般向けの工場見学は5日から再開している。

川崎真吾工場長(サントリー 京都ブルワリー)
川崎真吾工場長(サントリー 京都ブルワリー)

今回の改修では、エントランスを「ザ・プレミアム・モルツ」の世界観を演出した仕様へ変更したほか、シアターホールの新設、見学通路や試飲会場をリニューアル。醸造家の情熱とこだわりを体感し、「ザ・プレミアム・モルツ」の最高品質への理解を深める場所への刷新を目的としている。

京都ブルワリー工場長の川崎真吾氏は「サントリーのビール作りにかけるこだわりや思いを実感してほしい。サントリーのファンを増やすことはもちろん、ビール市場全体の活性化につなげていきたい」と意気込みを話した。