液体塩こうじで腸内改善 スポーツ領域に貢献 ハナマルキ

ハナマルキはこのほど、AuB、慶應義塾大学SFC研究所と共同で、塩こうじの腸内環境への効果とスポーツパフォーマンスへの効果を研究する「液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト」を発足した。ハナマルキが「液体塩こうじ」を提供し、慶應義塾体育会競走部の部員が被験者として毎日の食事に取り入れ、AuBで腸内細菌の効果を検証する。

2012年に発売開始した「液体塩こうじ」は、塩こうじを独自製法で液体化した調味料だ。原材料はコメ、塩、酒精のみで、着色料、保存料などを一切使用していない。また非加熱製法で製造しているため、こうじの酵素が活発に働いている。

液体調味料として料理への汎用性が高いことから、同社では昨今、アスリートへの食事面での支援に着目していた。昨年7月、JA中野市と共同で、甲子園出場を決めた長野県の松商学園高校に同商品を使ったメニューを提供した。

今回のプロジェクトでは、アスリートのコンディショニング維持・向上を目的に、「液体塩こうじ」の摂取によるコンディショニングと腸内細菌叢の変化と、摂取者・非摂取者の腸内環境の違いについて調査検証を行う。

提供メニュー
対象者は摂取者が13人、非摂取者が7人で、期間中、さんまの竜田揚げ、イカとレンコンのマリネ、厚揚げのねぎ塩こうじ焼、ゴボウの時雨煮、ニンジンと塩こうじの食べるドレッシングなどの「液体塩こうじ」を使用したメニューが提供される。

プロジェクトに参加したAuBは、元サッカー日本代表の鈴木啓太氏が代表を務める。アスリートのコンディション・パフォーマンスの底上げを科学的アプローチから目指し、アスリートの腸内フローラの研究を行っており、そのノウハウを同プロジェクトで活用する。

また今回、被験者となる慶應義塾体育会競走部は、昨年創部100周年を迎え、慶應義塾大学SFC研究所ランニングデザイン・ラボと連携し、「慶應箱根駅伝プロジェクト」を立ち上げた。チーム強化のため、コーチ(長距離)として保科光作氏が就任し、箱根駅伝出場を目指している。