ガリガリ君が1日工場長に 札幌ではサンプリングも

ガリガリ君が、昨年2月に発売し大好評だった「ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち」の復活を記念し、2月3日に桔梗屋本社工場(山梨県笛吹市)の1日工場長に就任した。桔梗の中丸純氏専務取締役から任命書を渡され、サンプリングに立ち会った後、工場見学会にも登場した。

また、赤城乳業は5日から始まった札幌雪まつり会場で5日と9日の2回、「ガリガリ君」のサンプリングを行った。以前も極寒の札幌で行っているが、当時は関東でこそ有名だったものの全国区での知名度は低く、札幌を皮切りにサッカー会場などさまざまな場所でサンプリングを繰り返し知名度を上げ今日の人気を獲得している。売れない演歌歌手がどさまわりを積み重ね、紅白に出場する成功ストーリーに似たところがある。

今回のサンプリングは初心を忘れないようにという思いと、雪まつりを目的に来日するタイ人も増えているため、昨年から本格展開が始まった同国へのアピールも兼ねている。

(2月12付本紙「アイスクリーム・レポート」より)