本格受験シーズン到来 まずはしっかり栄養を

応援商品が続々登場

年も明け、いよいよ受験へラストスパート。食品業界も頑張る受験生や家族を応援すべく、受験生応援商品を続々投入している。

受験生応援商品の定番と言えば“験担ぎ”商品。代表が“きっと勝つ”で受験生のお守りとして親しまれている「キットカット」(ネスレ日本)。昨年12月11日から「キットメール」(税込み250円)を全国の郵便局(一部除く)で発売開始した。

日本郵便との共同企画商品で、満開の桜がデザインされたパッケージに、応援メッセージや伝えたい思いを手書きで添え、140円分の郵便切手を貼って郵送することで、離れて暮らす受験生にも気持ちを形にして届けることができるというもの。「キットカット ミニ」4枚(オリジナル、いよかん各2枚)入り。絵馬をモチーフとしたメッセージ欄は切り取ることができ、受験生はお守りとして持ち運ぶこともできる。

同社はこのほか、スマートフォン上で受験生の願いごとや応援メッセージを入力すると、リアルタイムで観測された本物の流れ星にその願いやメッセージを届け、無事に届いたことを通知してくれるIoTサービス「ホシガケ」を3月31日までWebで展開中。
 「キットカット」同様、験担ぎ商品として日清シスコが昨年12月18日に発売したのが「ココ勝ッツサブレ」。

“「ココナッツサブレ」を食べて、合格を勝ち取ってもらいたい”という思いを込めて発売する受験シーズン向けの期間限定商品。パッケージには受験生の合格を祈願して紅白を基調としたデザインにダルマをあしらい、内袋のデザインは、受験生へ向けた応援メッセージ7種類と、自由にメッセージが書き込める1種類の全8種類を用意した。

受験と言えば夜食。夜食と言えば手軽で温かい即席麺も定番。毎年、受験生応援商品を発売している東洋水産は今年も、元旦から頑張る受験生に向け、1月1日に受験生応援商品4品を発売した。

ラインアップは「がんばれ受験生! とろみかきたま風うどん」「同麺づくり しょうが醤油味」「同 俺の塩ゆず香る和風だし塩焼そば」「同 ホットワンタン たまごスープ」。今年は「これで満点 はなマルちゃん」をテーマに、マルちゃん商品を食べ、試験で満点(はなまる)を取ろう!という応援メッセージを込めた。「はな マルちゃん」には、「はなまる」と「マルちゃん」を掛け、4品共通で具材に「花なると」を加えた。

明星食品は8日から、カップ焼そば「一平ちゃん夜店の焼そば 受験生応援!ポン酢鰹醤油味」を発売する。

「いっぺんでちゃんとポンと勝つおぉー勝ユー!」と、縁起の良い語呂で受験生を応援。コクのあるマヨネーズに、かつおだしが効いたポン酢醤油を組み合わせることで、間食でも夜食でもすっきり食べられるのが特徴。内フタのQRコードからスマートフォンでアクセスすると開運応援おみくじも楽しめる。

このほか、雪印メグミルクは9日から3月上旬まで乳酸菌飲料「ソフトカツゲン」(500ml、1千ml)の受験生応援パッケージを発売する。

「ソフトカツゲン」は北海道のみで発売されている乳酸菌飲料で、2016年に発売60周年を迎えたロングセラー。商品名の「カツゲン」は、勝つ源(かつみなもと)として、試験や大事な試合前に縁起をかついで飲まれることから、受験シーズンが本格化する1月、05年から受験生応援パッケージを発売している。

センター試験を控え、受験勉強はもちろん大切だが、まずは体力。しっかり食べていざ受験へ。