kanmen

『2017年 乾麺・めんつゆ』発売のご案内

日本の伝統食品である乾麺。古来、庶民の食べ物として親しまれ、全国各地で郷土色豊かな麺文化が発達しました。食が多様化する現代でも、保存性の高さと茹でたての美味しさ、小麦や蕎麦本来の香りや味を楽しめる点で、根強い人気を誇っています。本誌では全国各地の名物乾麺を紹介するとともに、業界に関するデータや生産地情報、流通関係者の声をまとめて完全収録。あわせて麺つゆのトレンドやメーカー注力商品等も紹介しています。乾麺業界、流通業界問わず、幅広い層に活用していただける一冊です。

『乾麺グラフ』p0

内容見本

画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。
画像表示後、画像をさらに拡大したい場合は、表示された画像右上の丸いアイコンをクリックしてください。

乾麺グラフサンプル pdfdownload

*『乾麺グラフ』のサンプルをPDFで閲覧ご希望の方は、上のボタンをクリックしてください。ファイルをダウンロードの上で閲覧をご希望の場合は、マウスを右クリックの上、「名前を付けてリンク先を保存」をクリックします。

Get_Adobe_Acrobat_Reader_DC_web_button_158x39.fw

*Adobe Acrobat Reader がご利用のPC内にない場合は、上記ボタンをクリックして、ソフトウエアをダウンロードしてください。

主な内容

(総論)
機械麺・手延べ麺、麺種別市場展望

(業界データ)
年度別乾麺生産推移と麺種別構成比

(業界インタビュー)
全国乾麺協同組合連合会 髙尾政秀会長に聞く

(手延べ産地インタビュー)
揖保乃糸、三輪、小豆島、岡山、島原

(メーカーインタビュー)
本多製麺、素兵衛屋、金トビ志賀、山本かじの

(問屋インタビュー)
日本アクセス、加藤産業、下田商事、昭和、ヤマエ久野

(製粉メーカーの商品戦略)
日清フーズ、日本製粉、松屋製粉

(業界トピックス)
富士特殊紙業、加藤産業、味の素、エスビー食品

(特別記事)
兵庫県手延素麺協同組合 創立130周年特集

(全国名産乾麺)
全国54メーカー・組合の麺自慢

(日本列島乾麺めぐり)
北海道東北、関東、甲信越静、中部、近畿、中国、四国、九州

(手延べ麺産地展望)
富山、大矢知、奈良、兵庫、中国、四国・小豆島、長崎

(メーカーアンケート)
全国26社が答える、乾麺販売状況と2017年方針

(百貨店アンケート)
大手百貨店10社の2016年ギフト販売結果と2017年中元戦略

(スーパーアンケート)
21社の2016年の乾麺販売実績と2017年販売計画

(麺つゆ業界の市場展望)
2017年展望と商品タイプ別動向予測

(麺つゆメーカーの近況)
主要23社の商品戦略

つゆ2017年春の主な新製品・リニューアル品

お問合せ&お申込み

価格:1,080円(税込)

ご注文・お問い合わせは下記より。
https://www.shokuhin.net/contact/