青のり 今年も徳島産は高値スタート

輸入限界で陸上養殖の参入続く

青のり3種(スジアオノリ、アオサ、ヒトエグサ)は全般的に高値が続いている。高級トッピング原料のスジアオノリは台風被害などで高騰し、販売メーカーが値上げを実施。ヒトエグサは佃煮原料向けだが、こちらも桃屋が10年ぶりに海苔佃煮を値上げした。アオサは入札がなく相対取引なので原料価格は固定されているが、前シーズン(今5―10月)は例年の3分の1で、かつてない大減産。来期は漁師からの値上げ要請も予想される。その中で陸上養殖に参入が相次ぐなど新たな動きも出ている。

(12月27日付本紙より一部抜粋)