キリン氷結 過去最高販売数量を更新 「旅する」上方修正突破

キリンビールのRTDブランド「キリン氷結」は、01年発売以降、最高だった06年の販売数量3千680万ケースを、17年12月中旬に突破し、過去最高の数量となった。

「氷結」は果実搾汁後にそのまま凍結した「氷結ストレート果汁」を使用したもの。RTD市場拡大に貢献し、直近の販売数量は7年連続で伸長している。

同社では伸長の背景として親近感や定番感といったイメージが向上している点を挙げる。16年のスタンダードシリーズリニューアルから「親しみやすい」「爽快な感じ」「定番感」などブランドイメージが向上したという。

旅をコンセプトとして発売した「旅する氷結」は再上方修正した年間販売目標170万ケースを11月末に達成するなど好調に推移。30~40代の既存ユーザーに加え、20~30代の若年ユーザーの支持も拡大したとみる。

RTD市場を牽引する高アルカテゴリーでは、4月に「ストロング」シリーズをリニューアル。1~11月前年同期比110%と勢いが続いている。

中居正広さんや高橋一生さんを起用したCMなどで展開する“あたらしくいこう”コミュニケーションも好評。Web施策なども併せて統合的に奏功したとみている。

キリン公式 「キリン氷結」 CM 動画サイト