アーモンド飲料に参入 植物性ミルク領域を拡大 ポッカサッポロフード&ビバレッジ

ポッカサッポロフード&ビバレッジは、米国ブルーダイヤモンド グロワーズ社と、アーモンド飲料「アーモンド・ブリーズ」の日本国内における製造・販売に関するライセンス契約を締結した。

これによりポッカサッポロフード&ビバレッジは、18年3月から日本国内における「アーモンド・ブリーズ」の製造・販売を行う。ラインアップは、既存商品を一部見直すほか新たな商品を予定している。

同社は、新規事業の位置付けで、大豆・チルド事業を推進し、豆乳ヨーグルト(乳酸発酵豆乳)と豆乳を展開している。同事業の商品群と同じ植物性ミルクの「アーモンド・ブリーズ」を新たに加えることで植物性ミルクカテゴリーの飛躍的拡大を目指していく。

植物性ミルクは欧米では一大市場を形成。健康意識の高まりや菜食ブーム、乳飲料を飲めない人のための代替飲料として生活に定着している。日本国内では13年に小売のアーモンドミルク市場が形成され近年急成長している。国内のアーモンドミルク市場で「アーモンド・ブリーズ」は約15%のシェアを占めている。