Mizkan 「焼あごだしなべつゆ」累計300万個達成

Mizkanが8月3日に発売した鍋つゆ「〆まで美味しい焼あごだし鍋つゆストレート」(750g、税抜き参考小売価格350円)が好調だ。出荷数は鍋の本格シーズンを迎えた9~11の3か月間で累計300万個を達成。計画比2・7倍超の高水準で推移している。

同社によると鍋つゆは近年、60代以上の購入金額が増え、あっさりとした和風の味わいが好まれる傾向にある。特に今年は、だしの中でも「あごだし」がこだわりの素材として注目されている。市場の傾向を踏まえた施策が奏功しているとみられる。

今年は鍋つゆの市場も好調。昨年に比べ全国的に気温が低く、鍋に使用される野菜の価格も安定しているため、9~11月累計で前年同期比2ケタ台の伸びを見せている。

Mizkanの鍋つゆセグメント全体の出荷数も同期間の累計で約1・2倍と好調に推移。同社は引き続きTVCMやWebによる情報発信などを通じ、鍋つゆの市場活性化を図る。