高野豆腐 生産量2年連続減少 健康機能性アピールを

17年の高野豆腐市場は前年比5%以上のマイナスで着地する見込みだ。高野豆腐は長年、縮小傾向が続いてきたが、15年度に健康機能性が注目されメディアでの露出が増えて減少に歯止めがかったが、昨年に引き続き今年も前年を割り込んだ。高野豆腐市場がこのままシュリンクしていくのか、ユーザー層を拡大して回復するのか正念場を迎えている。

(12月18付本紙「高野豆腐特集」より一部抜粋)