冬の漬物特集 連続台風で今年も原料高 人手不足解消へ採用強化

浅漬の16年出荷額は微減の約880億円となった(本紙推定)。浅漬にとって原料の安定確保は永遠の課題だが、近年は天候不順による原料高が常態化している。昨年は10、11月に原料が高騰し、年明けまでその影響を引きずったが、今年は夏の日照不足、秋の2回の台風により原料高が加速。またしても前半の貯金を吐き出す形となった。

(12月11日付本紙より一部抜粋)