早くも中元体制へ 東京で社内商談会 伊藤忠食品

伊藤忠食品は15日、中元ギフト向け社内商談会を東京本社会議室で開催した。産直ギフトなどに適した地方の特色あるアイテムを同社営業担当者に紹介し、来月から本格化する得意先小売業との中元商談に向けて提案力を高めるもの。

会場には黒胡麻そうめんなどユニークな手延べ素麺を展開する小豆島の銀四郎麺業をはじめ、原料・製法などに強いこだわりを持つ地方の酒類・食品メーカー25社が集結。

また、伊藤忠食品の強みである複数メーカーの商材を組み合わせたオリジナルアソートギフトなども参考商品として多数出品され、ギフト領域での提案力の高さをのぞかせていた。