摂食回復支援食「あいーと」 購入者目線の新商品 イーエヌ大塚製薬

(左から)「具だくさんシチュー」「たっぷり野菜のビーフカレー」「野菜のおひたし」(摂食回復支援食 あいーと イーエヌ大塚製薬)
(左から)「具だくさんシチュー」「たっぷり野菜のビーフカレー」「野菜のおひたし」(摂食回復支援食 あいーと イーエヌ大塚製薬)

大塚グループの経腸栄養剤メーカー・イーエヌ大塚製薬は、通常の食事を取ることが難しい人の食べる機能と栄養状態の回復を支援するための摂食回復支援食(冷凍食品)「あいーと®」の新商品開発と販路拡大を進めている。

1日には、新メニューとして「具だくさんシチュー」「たっぷり野菜のビーフカレー」「野菜のおひたし」3品を新発売し“野菜がたくさんとれるメニューを販売してもらいたい”という購入者から多く寄せられた声に対応していく。

これにより、ラインアップは計37商品へと拡大。販売チャネルは、病院・施設向けは全国の契約代理店、個人向けは通信販売とオンラインショッピングで同社製造工場から全国発送を行っている。そのほかDgSやイトーヨーカドーの「あんしんサポートショップ」などの小売店への導入も進んでいる。

新メニューの「具だくさんシチュー」は、彩り豊かな野菜とまろやかなクリームソースを使用したコクのあるクリームシチュー。「たっぷり野菜のビーフカレー」は、野菜の甘みと牛肉の入った豊かな味わいが特徴。「野菜のおひたし」は、3種の緑色野菜を香り豊かな昆布とかつおだしで仕上げたもの。

新メニューの発売キャンペーンは、12月26日まで同社通信販売で実施。同キャンペーンは、キャンペーン期間中に新メニュー3個以上を含む商品代金合計1万800円以上の購入者を対象に、抽選でJCBギフトカードやクオカードが当たる。

季節限定商品も販売し、さらなる食べる喜び・選ぶ楽しみも提供していく。今回は、「正月二段重セット」と愛知県三河一色産のウナギを使用した「愛知県三河一色産うな重」を10月23日から12月23日まで数量限定で販売。

「正月二段重セット」は12年以来、今年で6年目の販売となり、新年の門出を祝う期間限定商品として定着。メニューについては、前回好評の「海宝蒸し」「ちらし寿司」「大豆と野菜の煮しめ」「豚の角煮」の4品を詰め合わせている。

「愛知県三河一色産うな重」は、かつおだしの効いたご飯に華やかな錦糸卵と愛知県三河一色産のウナギをのせ調和の取れた味わいが特徴。ウナギの味を重視したため、うな重の味付けは薄めに仕上げ、濃い味を好む人に向けて別添でタレと山椒を付け、多様な食べ方ができるような工夫も施されている。

「あいーと®」は、再成形食ではなく独自の技術「酵素均浸法(酵素均質浸透法)」で、食材本来の形、色、味および栄養素をそのままに保ち、舌で崩せる軟らかさに仕上げている。

調理は、蒸し器または電子レンジで温めるだけ。もう一度食べたい味や、見た目、食べやすさ、必要なカロリー、栄養素を追求している。