大塚製薬 「エクエル」米国進出 更年期女性の健康に貢献

大塚製薬の米国子会社フードステイト社は、更年期女性の健康に貢献するエクオールを手軽に摂取できるサプリメント「EQUELLE(エクエル)」を米国の医療従事者向け販売チャネルを通じて10月30日から販売している。同商品の海外における販売は初めて。

米国では“更年期のほてりの頻度を減らす”更年期の肩こりを含めた筋肉の違和感を軽減するの構造機能表示で発売している。

医薬品を使わずに、より自然な方法で不調に対処したいと考える米国の女性に、大豆を乳酸菌で発酵させた成分「エクオール」含有サプリメントという選択肢を提案し、健康維持・増進に貢献していく。

エクオールは大豆を摂取することで、大豆イソフラボンの一つであるダイゼインから腸内細菌の働きによって産生される代謝物。大豆や大豆イソフラボンの摂取は女性の健康維持・増進に貢献することが期待されているが、国連食糧農業機関(FAO)調べでは米国人の食生活では大豆を摂取する機会が少なく、また日本女性医学学会雑誌によると、体内でエクオールを産生できる人の割合は約20~30%にとどまるといわれている。

米国には5千300万人の更年期女性がいるとされ、その人数は毎年増加しているという。閉経の前後に経験する更年期症状に対し、現在はホルモン療法などの医薬品による対処方法が一般的だが、ギャラップ更年期女性調査(2015年)では、女性の66%が医薬品を使わず、より自然な方法で対処し、更年期を過ごしたいと回答した。