から揚げ活性化狙い施策 「ハンマーチキン」今冬も 味の素冷凍食品

ハンマーチキン(味の素冷凍食品)

今年度の冷凍唐揚げ市場は各社の積極的な商品投入などから購入率が上がり前年比2ケタ増と大きく伸長。市場を広げてきた味の素冷凍食品は今秋も施策を展開し市場の活性化を図る。

昨冬に発売し好評だった「ハンマーチキン」をスパイシーな味付けにリニューアルし年末の需要期限定で投入する。昨年は20~50代の男性、30代の女性が主に購入。単身世帯からの支持が高かったという。今年は昨年より早い10月15日に発売したことでハロウィン、クリスマス、年末といったパーティー需要に向けた幅広い展開を提案している。今年も単身の男女をターゲットとし、約2か月間の出荷を予定する。

やわらか若鶏から揚げ ボリュームパック(味の素冷凍食品)主力の「やわらか若鶏から揚げ」も前年を上回る順調な推移をみせている。8月には<安心・安全>がより伝わるようパッケージをリニューアルし、10月下旬からは約2か月間限定で「同 ボリュームパック」を発売、“今だけ≪50g増量≫”をパッケージで謳い購買意欲の刺激を狙う。

「おいしさ」「ボリューム」「安心感」を備えたという大容量(460g)サイズの今秋新商品「から揚げ家族」は導入店での回転が好調で、今後の取り扱いは増えるとみている。